養育費の支払いを怠ったために差押えがあった事案

妻の不貞相手に対して慰謝料を請求した事案

依頼者  男性 会社員

相手方  女性 会社員

依頼のきっかけ


依頼者は、相手方に対する養育費の支払いを怠ってしまったところ、将来分の給与まで差し押さえられた。そこで、給与差押えを解除するために、ラグーンに相談に来られた。
 

事件終結までの流れ

弁護士はまず相手方に将来分を含めて養育費を一括で支払うので差押えを取り下げて欲しい旨の提案書を送ったが、相手方はこれを受け取らず、その後も一切、弁護士からの書面を受け取らなかった。

そこで、やむを得ず、将来分の養育費を全て相手方の口座に振り込んで支払い、「債務不存在確認の訴え」を提起し、併せて強制執行の停止申立てを行った。
これにより、判決を待たずに給与差押えは一応停止した。
 
この時点で、相手方は振込の事実に気付いて差押えを取り下げた。
その後、依頼者が全面勝訴する判決が出ることにより、本件は終了した。

弁護士の目

養育費の支払義務が調停調書等の債務名義で定められている場合、この支払いを怠ると将来分の給与まで差押えられてしまいます。
今のところ、この差押えを解除する手段は、将来分の養育費まで全て一括で支払うしかありません。

万が一、相手方と連絡が取れない場合には、本事案のように債務不存在確認の訴えや強制執行の停止申立などが必要になりますが、これらは複雑な手続なので、弁護士に依頼することをお勧めします。
 
 

離婚に関する質問は、お気軽にお問い合わせください離婚に関する質問は、お気軽にお問い合わせください

弁護士法人ラグーンの 解決事例はこちら弁護士法人ラグーンの 解決事例はこちら