-->

妻の不貞相手に対して慰謝料を請求した事案

依頼者 男性         会社員 年収300万円 
相手方 妻の不倫相手 男性  会社員 妻子あり
財産  
子ども  
和解内容 相手方は依頼者に150万円支払う。


依頼のきっかけ


依頼者は、妻と相手の不貞が発覚し、妻とは離婚した。相手と直接交渉しようと思ったが、感情的になると事態が悪くなる可能性を考え、弁護士に相談することにした。
 

 

事件終結までの流れ

弁護士は、相手に妻子がいることから、受任通知という書面ではなく、相手方には電話で受任した旨を連絡して、事務所に来ていただくよう伝えた。

弁護士は、相手方に訴訟になった場合のリスクを説明して相手方を説得し、上記和解に至った。
 

弁護士の目


交渉には一定の知識と経験が必要です。

普段、普通の人は法律紛争において人と交渉することはあまりないので、いくら法律を勉強しても交渉を上手くすすめる事には限界があります。

法律紛争においては、相手方と訴訟実務等を踏まえて「どうするべきかなのか」を説得し、説明しなければなりません。

話がこじれそうな場合には速やかに弁護士に相談することをお勧めいたします。

 

離婚に関する質問は、お気軽にお問い合わせください離婚に関する質問は、お気軽にお問い合わせください

弁護士法人ラグーンの 解決事例はこちら弁護士法人ラグーンの 解決事例はこちら